冷却処理は冬にも必要

現時点までの調査で出した答えは「グラボの熱暴走」が原因っぽい。今ニコ生1画面見ている段階で、グラボの温度が83℃・冷却ファンソフト84%。ここから3D系のゲーム始めるとグラボの稼働率が上がって温度も上昇。カタログにある限界値105℃を突破しそう。取りあえずグラボ外して、ついでにフロントあけたら目詰まりでこれも原因だったかなとは思うんだけども、このPCになって2回目でそれ以前のPCではグラボがいかれることはなかったから、この箱が問題なのかなとも。冷却器でも入れた方がいいのかもしれない。正直最近のグラボはどれだけ消費電力&冷却性能を上げるかの勝負になってる気がして、グラボの性能にゲームが追いてない気がする。グラボ買い換える金あるなら大型のクーラーや周辺の機器に投資したほうがよいかもしれない。

グラボの冷却ってどうすりゃいいんだろ。今使ってるPCは、マイクラをぬるぬるプレイできるようにするために買った。グラボもつんで、冷却処理もしてるから、暑い夏は大丈夫だけど、寒さ対策は全然やってない。熱暴走か。エアコン28度でも設置場所的にエアフロー効率悪くてグラボの冷却間に合ってないやつぽい。グラフィックボードの画像見て冷却のための空気が流れる所とかを確認して、もう一度エアブロアーで掃除した。そうしたら、通常運転(軽作業&ニコ生1画面で64℃ぐらい安定だったのが59℃安定になった。構造的に外さないとちゃんと掃除できない所があるんだけど、そこまでしたらもっと下がるか。グラボ冷却中にシャーロット見たら今回凄くシュールで修理する気が失せそう。鯖はCPUとメモリ負荷だからまったくもって関係ないけど、その設定でやってたならGPU冷却ちょっと強めにしなきゃダメだ。